Get Adobe Flash player

オギノ式とは?

オギノ式とは、1942年に産婦人科医、荻野久作氏が発見した月経周期に関する「荻野学説」を基にした計算式です。

不妊治療のために考えられた学説ですが、避妊のためにも用いられています。

荻野学説では、月経の周期に拘わらず、次の月経予定日からさかのぼり、14日目と前後2日、合わせて5日間の間に起こると考えられています。

妊娠の可能性が高い日は、卵子の生存期間1日と、精子の生存期間3日を勘案し、計算しています。

月経は定期的に起こるとは限りませんので、あくまでも目安としてご利用ください。

オギノ式について

この方法で避妊するには、男女2人が共に努力することが必要で、そのうちの一方がいいかげんであったり、協力的でなかったりすると避妊は失敗しやすくなります。

この方法はまず排卵期を算出しなければなりません。この期間は妊娠しやすい時期なので、性交を避けたりコンドームを用いて避妊しなければいけません。

安全日を算出するには、基礎体温法やカレンダー算出法等いろいろと方法があります。