Get Adobe Flash player

精子の種類

赤ちゃんの性別を決める上でとても重要なX精子とY精子なのですが、それぞれに特徴があることも分かっています。

<<X精子の特徴>>

・酸に強い
・寿命が長い(2~3日)
・比重が重い
・動きが遅い
・数が少ない

<<Y精子の特徴>>

・アルカリに強い
・寿命が短い(1日)
・比重が軽い
・動きが速い
・数が多い

卵子とX精子が受精すれば、XX染色体で女の子が生まれ、Y精子が受精すればXY染色体で男の子が生まれることになります。

女性の膣内と子宮内の環境

女性の膣内は、外部の雑菌などから身を守る為に酸性になっており、子宮内はアルカリ性となっています。しかし膣内は状況に応じて酸性からアルカリ性になることも分かっています。

その状況とは、「おりもの(子宮頚管粘液)の量」と「女性のオルガスムス」です。

おりもの(子宮頚管粘液)については、排卵日が近づくにつれ水っぽくなり量も増えます。そして、この子宮頚管粘液はアルカリ性です。

また、女性がオルガスムスを感じると、膣内にアルカリ性の粘液が分泌されます。オルガスムスは1回より2回・3回と感じた方が、よりアルカリ性が強くなることもあります。但し、これにも個人差があり何度オルガスムスを感じても酸性のままという人もいます。

上記より、排卵日に女性がオルガスムスを感じて受精すれば、アルカリ性に強く動きの速いY精子に有利な状況となり、男の子を産み分け出来る可能性が高いと言えます。

逆に排卵日の2日位前に、女性をあまり刺激しないように受精すれば、酸性度が下がらず、しかも排卵まで日数もある為、結果的にX精子が有利となり、女の子が産み分け出来る可能性が高くなるといえるでしょう。